京都市 整体げん 全身の骨格矯正・自律神経失調症ならお任せ下さい。

 

 
 
 
 
 

パニック障害と整体施術


「突然、息苦しくなって呼吸が出来なくなる」

「冷や汗が出て、胸が苦しくなる」

「突然の発作で倒れてしまう事が何度もある」

「病院の検査では、異常なしと言われた」

「常に強い不安や恐怖心がある」

動悸・呼吸困難・吐き気・冷や汗・死にそうな感覚・叫びたい感覚・めまい・身体の震え・窒息感・手足のしびれ・脱力感・強い不安感・不眠・顔面蒼白・失神・知覚異常・目の前が暗くなる・パニック状態・胸やお腹の不快感・のどの異常・生命の危機感


などなど。

パニック障害になると、突然の発作によりさまざまな症状が現れますが、病院で身体検査を受けても身体に異常は見つかりません。

この様な症状を「パニック障害」と呼び、脳の機能障害と言われ、一般的に薬物療法が行われています。

パニック障害の原因

 パニック障害の原因は、完全には解明されていないと言われています。
ですが、脳内の神経伝達物質の機能障害(誤作動)が原因という説が一般的です。

人間の脳の神経細胞をニューロンと呼び、お互いに情報伝達を行っています。
そしてニューロン同士は連結していないので、その仲介を神経伝達物質が行っています。

その神経伝達物質が、「ノルアドレナリン」と「セロトニン」です。
ノルアドレナリンは、脳幹の青斑核(せいはんかく)という所で生産されています。

パニック障害発生の原因は、脳内の脳幹の橋にある青斑核(せいはんかく)が何らかの原因で誤動作をおこし、神経伝達物質ノルアドレナリンを過剰分泌する為だといわれています。

パニック障害の原理
①脳内の誤動作→②ノルアドレナリン過剰分泌→③大脳辺縁系に伝わる→④視床下部に伝わる→⑤自律神経の中枢に伝わる→⑥自律神経の乱れ→⑦自律神経症状が起こる(めまい・どうき・疲労・吐き気・頭痛)

予期不安の原理
③大脳辺縁系に伝わる→④大脳辺縁系の興奮
→⑤感情の乱れ(不安・恐怖・怒り・悲しみ・イライラ)

パニック障害と整体施術


頭部へ血流を通す

パニック障害の原因は、脳内の機能異常・誤動作(システムエラー)が原因です。

では、なぜ誤動作が起こるのかといいますと、脳に充分な血液と酸素が届いていない事が考えられます。

身体の歪みから頚椎が歪み、慢性的に脳が酸欠状態となっている為、脳の機能が働かず、青斑核が異常と認識してしまいパニック障害発生へと繋がっていると考えられます。

整体施術では、脳へとつながる血管の血流を改善するために、頭蓋骨の歪み・頚椎の歪み・肩や背中の緊張・骨盤の歪みなどを調整していきます。

肩甲胸郭の矯正

パニック障害で悩まれている方は共通していえる事は、呼吸が浅い、という事です。

自律神経をコントロールできるもの中に呼吸がありますが、呼吸が浅い事で身体はいつも緊張が抜けず脳はいつも酸欠状態が続いているのです。

自然で大きな呼吸が、パニック障害克服には欠かせません。

深い呼吸を行えるために、肋骨・肩甲骨・鎖骨の歪みを整体施術により整えていきます。

肋骨・肩甲骨・鎖骨の歪みと緊張を取り除いていくと、楽な呼吸が出来るようになりパニック障害の発症が再発しなくなります。


上部胸椎矯正

喘息・パニック障害自律神経失調症やうつ患者さんも患者さんはほぼ100%と言っていいほど背中がガチガチに固まっています。

特に胸椎1番~7番の中に硬いところがあります。

そして、胸椎をゆるめる事がパニック障害の改善に有効なのですが、

胸椎と肋骨の連結部分の肋椎関節を緩めることがポイントなのです。

院長直通予約   080-3781-8100

 

 

電話でのご予約はこちら(完全予約) 075-823-0023

 

ページ先頭へ

 
 
初心者ホームページ作成