京都市 整体げん 全身の骨格矯正・自律神経失調症ならお任せ下さい。

 

 
 
 
 
 

すごい体験レポートを通院中の女性から頂きました!!
これほど丁寧に細かく赤裸々に書いて頂いたのは、彼女が始めてです!
ホームページを見られて、同じような症状で悩んでおられる方のお役にきっと立つ事でしょう。
T・Y様、レポートありがとうございます。





↑ものすごい量のレポートにびっくりしました。なかなか書けませんよ!

整体施術を受けるまでの症状と経緯・自己紹介

私は30歳を過ぎてから、整形外科で両股関節・先天性・臼蓋形成不全と診断されました。
特に右足は、亜脱臼気味であること、骨と骨の間にあるゼリー状の関節液がかなり少なくなって、 「症状がもっと進むと骨が変形してきて手術が必要になる」と病院で言われて通院していましたが、だんだんと痛みが酷くなり、日常生活もままならない末期的な状態になった為、今から7年前に(2011年12月現在)右股関節の手術(人工関節置換術)を受けました。

術後の経過の良く、リハビリを頑張った甲斐もあって、術後のペンギンの様な歩き方から、しっかりした歩き方が出来るようになり、半年に一度の検診のみになりました。

私は、肢体障害者になり、日常生活も色々制限(不自由)がありましたが、右足が軸足になって身体のバランスが安定して制限にもすっかり慣れた頃、整形外科の担当のドクターから
「もっと体重を減らすことさえ出来れば、仮に数年後に左股関節が悪くなって手術を受ける事になったとしても、手術した右足が軸足になっているので大丈夫ですよ。」

「リハビリをまた頑張れる自信はあるみたいだし、痛みさえなくなれば社会復帰できますよ。」
と言って頂き、希望がもてるようになりました。

しかし、その後きつい腰痛を発症し、整形を受診してみると、次は分離すべり症と診断され、これまた「酷くなったら手術と半年の入院期間が必要です」といわれてしまい、社会復帰の望みは大きく崩れ落ち、暗い闇へ落ちていくような気持ちでいっぱいになってしまいました。

心身のダメージは大きく、心の病は重くなりました。

安定剤や睡眠剤を増加処方していただき身体を休める睡眠時間を確保できるようになりましたが、新たに頚椎の歪みにより神経が圧迫され神経にさわって二の腕に痛みまで出てきました・・・・・・・。

・・・・・・なんだか頑張っても報われない人生に思え、生きていく事に疲れた・・・・
身体の痛みが増すほどに、ふっと「死にたい」と考えてしまい、うつの薬を処方していただき服用を続けるうちに少しずつ生きていく気力が戻ってきましたが・・・・・かなり増えてしまった体重と痛み。

担当の整形外科の先生との会話

整形の先生には、「食事内容の見直しをして、摂取カロリーを控えて運動をしっかりするように」と注意されました。

もちろん心配してくださっての事。

痛みを少しでも減らして楽になって運動できるよう診察に行く度に注射もしていただきました。

整形の先生は「毎日でも腰や首の牽引には通うといいよ。つらいだろうけど元気出して」といつも激励してくださる、とてもいい先生なのですが、私は心の中では、
「運動になるので歩いていけるのであれば整形に通いたいと思う」
「減量のために以前は通っていた温水プールにだって行けるようになりたいと思っているけども痛すぎて・・・(泣)」

ある診察の日に、整形の先生に私はこう尋ねました。

「痛む場所が二ヶ所ぐらいまでなら注射もしていただいているのですが、あちこち広範囲に痛む私の場合、寝ても覚めてもどこかが痛い、どうしたらもっと楽になれますか?」
と注射の途中に先生に言いました。

先生は、「飲み薬に鎮痛作用のある塗り薬のジェルも処方してるし、注射もしてますからねー」と言われました。

私は、「わかっています。めーいっぱいの治療を先生は、してくださっていること感謝していますが・・・・通院も今は自力では厳しく、車で連れてきてもらってる状態で・・・自力で通院するのがとてもつらいんです。」

先生は、「そうですね~按摩とかハリとかが良いかもしれませんよ~、そうゆうのも一回行ってみて、もし具合が良いようなんであれば、そちらでも痛みをやわらげてもらえると、こちらの通院も楽になるのかもしれませんし・・・・そおゆうとこへ行ってみるのもええかもしれませんよ。」

「股関節の痛みは、レントゲンで見る限りはまだ思っていたよりは悪化がすすんでいないようやし、おそらく股関節そのものの痛みよりも周辺のスジや筋肉の痛みのような気がします。」

と整形の先生に言われて、私は、どんなところへ行ってみれば良いのかが不安だったし、経済的にも厳しく思案中でした。

「整体療法げん」を知ったきっかけ

こんな身体の私ですが、交際中の彼がいます。

その彼が、「姉ちゃんに誘われてんけどな、整体師の先生とこに整体を学びに行こうか、どうしようかと考えてるねん・・・どう思う?すぐに仕事になるとは考えてないけど、自分が覚えてできるようになったら、痛いのを治すことは出来んでも、自分が痛みを和らげてあげることは出来るようになるんちゃうかな~と思うねん・・・・・・・どう?」

と彼からの電話、しかし電話では答えようにもわからないことが多すぎる。

こちらの整体院のホームページがあると彼から聞いたので、早速パソコンで検索して見てみました。

整体院では、体験モニターを募集している事を知りまして、彼に伝えてみると知らなかった様子。

私は、「痛みが楽になるかもしれないんだったら是非体験したいし、どうゆう事を学ぶのか・・・どんな感じの先生なのかを知りたいから、体験申し込みの連絡をして連れて行ってほしい」
と彼に伝えました。

初めての整体施術・無料体験モニター

予約を入れて当日までの間に、「右足はもう軸足となって安定しているはず」とは思いつつも常に脱臼角度など日常生活に制限のある暮らしをしている為・・・・施術の途中に脱臼しないだろうかという不安感や、怖さが正直ありました。(脱臼経験一度あり)。

しかし、手術していない左足のたまらなく激しい痛みが、施術せていただく事により、少しでも痛みが緩和するかもしれないという期待感も大きく、怖さと期待が交差した心境でいました。

もちろん初対面の先生にお会いする事に、だいぶ緊張していましたが、初対面の先生に問診票を書き終わり提出すると、聞かれたこと以上にてんぱってしまいましたが、付き添いで連れてきてくれた彼の助けもありまして、整体の先生に診ていただけることになりました。

問診で、包み隠さず今までの病名は全てお話したので「断られるかも」と思っていましたが、とても穏やかな口調の小柄な先生に促されベットに上がりました。

先生は「まず、股関節の動きを見てみましょう」と、股関節の可動域を確認して頂き、そのあと、「かなり股関節の動きが固くなっていますね。」と様子を見ながら、進められる施術・・・・。

「体勢的に少しでも不安があったら言ってくださいね。」

何度も、穏やかに声をかけていただきながらの施術でしたので、最初の不安感は少しずつなくなっていきました。

途中、うつ伏せでしてくださった時に、先生には伝えていなかったはずなのに、歩くほどに蓄積され凝り固まって、カンカンな万年筋肉痛かと感じていた痛みの場所があったのですが(10数年もの間、お尻のほっぺのずっと奥)先生はその場所を言わなくても的確に、奥のほうまでその痛みを取って下さったことに大変驚きました。

もっとも驚いた事は、施術途中に先生から「Yさんの場合、股関節まわりが当院で診ている方の中でも一番と言えるほどに固いですしYさんさえ可能であればもう少し通えませんか?」

「肩こりや腰痛だけならば一回でわりとスッキリされるのでレポートを頂いて、無料モニターコース終了となるのですが、Yさんの場合、重症ですし股関節だけでも一回では・・・・取りきれない所がありますし、他にもありますしね。
あと数回・・・んーそうですね。」

「2~3回は無料でかまわないですし、週一回ぐらいで通っていただいて、スッキリされて、無料モニター終了でレポート頂けたらと思いますが・・・・どうでしょう?
通えませんか?」

と、ありがたいご提案を頂きました。

施術中、先生は嫌な顔ひとつされていないのですが、私は体重がすっしりとあり、すごく大柄なので内心さぞや、うんざりされているのでは無いかと、なんだか申し訳なく・・・・ふと心配になって考え始めてしまった時だったので、先生は嫌がられてないし、むしろ心配してくださっている事がとても嬉しかったです。

身体全般を確認していただき、施術の最後に首をすっと引き抜いていただいた感じがして「はい。これで今日は終わります。」と初回が終わりました。

もちろん早速、次回の予約を入れていただきました。

帰宅途中、とても痛かったはずの、太ももやお尻が少し柔らかくなった感じがして歩くことがすごく楽に感じられ、頭のてっぺんへ向けて身体に芯が通ったような感じがしました。

整体施術2回目

先生「初回は軽めにしときますが、次回はちょっと・・・」
「しっかりめで股関節を中心にやっていきたいと思います」と、初回の時の帰りがけに先生に言われていたので、二回目はけっこう痛めなのかな・・・脱臼大丈夫かな・・・と思っていたのですが、それも痛気持ちよく、しっかりと効いている感じがして、とても安心して先生におまかせできました。

今回も最後に首をすうっと引き抜いていただいた感じがして、「はい。これで今日は終わります。」と・・・・2回目が終わりました。

帰宅途中、姿勢が正されたのでしょうか・・・・頭のてっぺんへ向けて、身体に芯が通ったような感じがして、すっきりとした気分になり、前回よりも歩きやすくなっていました。

彼氏に「私は、あの先生は・・・初回の施術途中から、なぜか安心できたし、2回目が終わって、改めて凄い先生だと私は思ったで。」
「是非・・・養成講座で学んできて欲しい。昔、私は手術した時にドクターストップかかったから、整体を学ぶ事をあきらめなあかんかったからなあ・・・」

「あの先生に学べる事がめちゃ羨ましい。肩とか身体痛い所があるんやから、一回でも先生に自分がしてもらって体感してみたらどない?」
と彼氏に勧めました。

それからまもなくして、どうも肩や首まわりが痛いと、彼氏が言い出し、整体げんの先生に予約を急遽入れていただき、彼氏が施術を受ける事になり、いつも付き添いをしてもらっているので一緒に行きました。

施術を初めて拝見させてもらって

彼への施術がはじまり、私は施術台の枕元のイスに座っていたのですが・・・(あーなるほど・・・)私の目は先生の動きに釘ずけでした。

特に、施術中に時々手が止まり、身体には触れていないのだけど、なぜだか淡くピリピリ感じたり、じんわり暖かかったり、その両方感じたり・・・なんだろう?
・・・っと施術中に不思議に思っていたのですが・・・見ていて、「気功も取り入れています。」と先生が言っていたのがこれなのかと。

整体施術3回目を終えて・・・

3回目・・・施術中や施術中に、「Yさんも、病気がもう少し良くなったら、整体、工夫さえすれば自分でも出来るようになると思いますよ。」

と先生が、手作りで施術台を自分が使いやすいように工夫されている事や、いろいろな工夫まで話して下さって、なんだかワクワク楽しい気持ちになれました。
身体も心も少し救われました。

無料モニターありがとうございました。
どうかこれからも、メンテナンス及び、緊急時よろしくお願いします。

それと、彼氏の整体師養成講座の指導、これからもよろしくお願いします。


 

電話でのご予約はこちら(完全予約) 075-823-0023

 

ページ先頭へ

 
 
初心者ホームページ作成