京都市 整体げん 全身の骨格矯正・自律神経失調症ならお任せ下さい。

 

 
 
 
 
 



「座骨神経痛と診断されたが治療法が無い」

「マッサージで少し楽になるが、やっぱり痛い」

「しだいに片足を引きずるようになってきた」

「腰が疲れてくると、ズキズキうずいてくる」

「太ももの外側まで痛みが出ている」

その痛み当院にお任せ下さい!

痛みの原因は、腰から足先まで続く、坐骨神経(ざこつしんけい)が圧迫や引きつれ等の障害を受けています!

病院に行くと「坐骨神経痛ですね」と言われ、
痛む側の足をマッサージや電気治療をしてもらえますが、思うように痛みは改善しない。

揉んでも引っ張っても叩いても治らない痛み、それは、坐骨神経が原因(悪者)ではないのです。

坐骨神経が障害を受けるような、筋肉・骨格バランスの歪みが原因なのです。

骨盤と股関節の歪みにより、おしりの梨状筋が異常緊張して坐骨神経が圧迫、引きつれを起こしています。

骨盤と股関節の歪みを正しい位置に矯正する事で、座骨神経痛は、揉まなくても引っ張らなくても痛みが無くなっていくのです。

骨盤を整える

坐骨神経痛の方は、骨盤の動きが固くなっています。

現在、痛みのある臀部(おしり)を揉みほぐすよりも第一に骨盤の動き、クッション性を取り戻す事が大切になります。


坐骨神経痛は痛みの無い側の足にもバランス不良・痛みの原因がありますから、骨盤全体をしっかり矯正していきます。

股関節矯正が重要!!

座骨神経痛は股関節に歪みが強く影響しています。
股関節(大腿骨頭)の歪みにより、臀部の梨状筋が引っ張られて硬化してきます。

梨状筋が硬化する事で臀部を通過する座骨神経が圧迫されて痛みの原因となっています。

当院の施術では、股関節の前後・回旋・頭方への歪みを検査して大腿骨頭が正しい位置に戻るように施術していきます。

膝・足首矯正で再発防止

座骨神経痛になっでいる方は、骨盤・股関節だけでなく、歪みが膝・足首にまで及んでいます。

膝・足首の歪みを放置していると骨盤矯正をして症状が軽くなっても再発する可能性が高くなってしまいます。

現在、膝・足首が痛くなくても矯正施術が必要なのです。



梨状筋症候群

坐骨神経は、腰椎(4,5番)・骨盤仙骨(1,2,3,4番)の神経の穴から出て、臀部(おしり)から足先まで続いています。
坐骨神経がなんらかの原因で障害を受け痛みが発生したものを坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)と呼んでいます。

坐骨神経痛の原因
坐骨神経痛の原因の一つとして梨状筋症候群があります。


坐骨神経はおしりの筋肉の中を通っていますが、おしりの筋肉の深部には、骨盤(仙骨)と股関節を結ぶ梨状筋(りじょうきん)という筋肉があります。

この梨状筋の近くを坐骨神経が通っていますから、この梨状筋が緊張したり、固くなったりしますと坐骨神経を圧迫し、足の痛みやしびれの原因になると考えられています。
梨状筋が緊張・硬化してしまった原因を取らなければ、再び梨状筋は緊張し、坐骨神経を圧迫してしまいます。

 

院長直通予約 080-3781-8100


 

 

電話でのご予約はこちら(完全予約) 075-823-0023

 

ページ先頭へ

 
 
初心者ホームページ作成